2014年08月07日

季節限定商品でガッチリ!

今朝の日経から

スターバックスが2014年度4〜6月期、4年連続で最高益を更新したそうな。
コンビニの100円コーヒーがブレーク中ですが
それにくらべたらスタバの商品単価はぐっと高め。

打合せ等でよく利用させていただくが、客層も若者中心なので
最近の若い人は結構リッチやな。。。と

そんなスタバで最高益を更新した原動力が、ちょっと高めの季節限定商品。
デザート風飲料「フラペチーノ」が人気らしいですぞ。
税込658円

さて、おっちゃんも今度行ったら売上に貢献してみよかな。

Frappuccino.jpg
posted by あみもと at 10:02| 兵庫 ☁| Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

消費者は豊かになった自分の姿をパッケージに写す

というタイトルの記事をNIKKEI DESIGN 8月号で見つけた。

プレミアムビール市場が堅調な伸びを示し、いま一躍注目の商品分野になってますね。
デフレ脱却の影響か、高額商品の人気は高まっていますが、
単純に高額だから売れるというわけではないですよね。
そこにはやはりデザインの力が存在します。
パッケージを見ただけで「ちょっと贅沢な気分になれそうやんか、これ!」
って消費者の期待を高める工夫をが、デザイン戦略です。

店頭で目立つだけがパッケージデザインの役割ではないのです。
消費者はパッケージに、ちゃっと素敵な気持ちになれる自分を
照らし合わせているのかもしれませんね。

PREMIUM.jpg
posted by あみもと at 11:18| 兵庫 ☁| Comment(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

神戸の観光をデザインするには寒すぎた。。。

昨日は私が所属している神戸デザイン協会の定例会&新年会でした。
今年度のはじめ、協会として初の「観光事業のコンペ」に参加し、見事に落選。
しかし、神戸のために我々にできることはなんやろ?って議論してるうちに
そや!これからの協会のテーマはこれにしよ!
ってことになり、10月くらいから定例会で議論を重ねています。

1月の定例会もこの議論を継続。
神戸デザイン協会の事務局のあるKIITOの4F交流スペースで
熱い議論で盛り上がったのですが。。。
それにしても寒い!
午後7時を過ぎるとこのスペースの暖房も切られるようで
マフラー巻いたり、コート着たまま。
変でしょ!?

KDA2014.01.08.jpg

なんとかしてよ、神戸市さん。
posted by あみもと at 11:32| 兵庫 ☔| Comment(0) | 所属団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

ことしはウマ年です。ウマくいくようにしたいもんです。

2014.1.1.JPG

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年は午年。
十二進法では、前半(午前)が終わり後半(午後)が始まる位置にあり、
その交差点を「正午」というそうですね。

これを「馬」としたのは、庶民に十二支を浸透させるために動物の名前をあてたものとか。
「史記(秦始皇本記)の故事「鹿をさして馬となす」というものがあるそうです。
それが「馬鹿」の謂れのひとつ。

秦の趙高が二世皇帝に、鹿を「馬です」と言って献じたそうです。
群臣は趙高の権力を恐れて「はい。馬ですね」と答えたんですが、
「鹿でしょ!」と答えたものは暗殺されてしまったようです。 恐!

このことより、自分の権勢をよいことに
矛盾したことを押し通す意味として「馬鹿」というようになったとか。

ま、それはさておいて。
物事を「それ」と決めつけてかかってしまうと、新しい発想や思考はうまれてきません。
「馬」と決めつけずに、それはもしかしたら「馬かもしれない」と思うようにしたいもんです。
posted by あみもと at 16:30| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

ジャネーの法則

メリークリスマ〜ス!
って一日遅れちゃいましたが・・・
早いものでもう2013年もあとわずか。
今年もいろいろありましたが、あっという間でした。

IMG_0001.jpg

年々時が経つのが早く感じるようになっていますが、
これって心理学的に解明してる方がいるんですね。
19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネさんが発案し、
甥の心理学者・ピエール・ジャネさんが著作で紹介した「ジャネーの法則」だそうです。
簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する。
例えば、50歳の人にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、
5歳の人にとっては5分の1に相当するということです。

判りやすく言えば、
5歳の子どもの1日が50歳の人の10日に当たることになるんですね。
なるほど、あたってるような気がします。
じゃね〜 (^^)/~~~
posted by あみもと at 14:22| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。