2010年10月20日

クランクシャフトってこんなにでかい!?

クランクシャフトを作り続けて60年。
今回、兵庫県姫路市にある株式会社 八瀬鉄工所様へ会社案内パンフレットと
受注に繋がるWEBサイトの受注をいただき、無事納品することができました。

yase-2.jpg
初めて工場見学をさせていただいた時にまず驚いたのは
クランクシャフトのデカさ。
車好きの私がクランクシャフトと聞くと、まず想像するのは車のエンジン。
それに比べて、加工中のクランクシャフトが大型船のエンジン用と聞いて納得。

ちなみに、直径Φ380・長さ6000mmの大型クランクシャフトから、
直径Φ100・長さ600mmの小型のものまで。
最大重量は素材10t、仕上げ5t。
多様なサイズのクランクシャフト加工ができるそうです。

そして取材をすすめる中、最新鋭の自動機と併せて、
この道一筋に仕事されている職人さんの技術力の高さ(手仕事)にも感動しました。

ロケハンも含めて計3回の撮影で、お客様にも納得していただく仕事ができました。


WEBサイトは開設してからが大事。
日頃の運用をしっかりしていただき、サイトからの問合せが増えるように
今後も協力させていただきます。

ひとまず、ありがとうございました。


yase-1.jpg
八瀬鉄工様のご担当者お二人に、サイト更新の入力説明

ban_yase.jpg
クリックなう!
posted by あみもと at 13:10| 兵庫 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。