2009年12月20日

蕎麦文化を少しでも・・・

昨日は久しぶりの、蕎麦打ち体験講座のアシスタント。
今月初めから来月にかけて、計5回の今回は3回目。
世のため、人のために蕎麦文化を少しでも知っていただこうと、
蕎人の会で受け持つことになった。

私は今回初めての参加。
朝8時半から支度して、10時開始。
須磨区の北須磨文化センターには約30名程度の人たちがお越しになった。

段取りとしては、まず進行役が蕎麦打ちの行程を解説。
その解説にあわせて師匠が参考になるように見本で打ち、
その後、6人程度のグループに分かれて体験蕎麦打ち。

soba12-19-2.jpgsoba12.19.jpg

悪戦苦闘しながらの約1時間。
聞くとやるとでは大違い。っていうのが参加者皆さんのご意見。
最後は自分たちが打った蕎麦を湯がいて食す。

粉は昨夜引いたもの、そして自分たちで打ったばかりの麺を
その場で湯がいて食べる。

引立て、打立て、湯がきたて。
美味い蕎麦の基本。3立て。
それに自分たちがうったという体験価値がプラス。
どんなに形が悪くとも、まずいはずがない。
みなさんそろって美味い!って満足顔でした。

体験されたお一人でも、蕎麦をより大好きになってくれてたら
今回の教室は大成功なのかなと。
posted by あみもと at 22:08| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。