2014年01月09日

神戸の観光をデザインするには寒すぎた。。。

昨日は私が所属している神戸デザイン協会の定例会&新年会でした。
今年度のはじめ、協会として初の「観光事業のコンペ」に参加し、見事に落選。
しかし、神戸のために我々にできることはなんやろ?って議論してるうちに
そや!これからの協会のテーマはこれにしよ!
ってことになり、10月くらいから定例会で議論を重ねています。

1月の定例会もこの議論を継続。
神戸デザイン協会の事務局のあるKIITOの4F交流スペースで
熱い議論で盛り上がったのですが。。。
それにしても寒い!
午後7時を過ぎるとこのスペースの暖房も切られるようで
マフラー巻いたり、コート着たまま。
変でしょ!?

KDA2014.01.08.jpg

なんとかしてよ、神戸市さん。
posted by あみもと at 11:32| 兵庫 ☔| Comment(0) | 所属団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

ことしはウマ年です。ウマくいくようにしたいもんです。

2014.1.1.JPG

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年は午年。
十二進法では、前半(午前)が終わり後半(午後)が始まる位置にあり、
その交差点を「正午」というそうですね。

これを「馬」としたのは、庶民に十二支を浸透させるために動物の名前をあてたものとか。
「史記(秦始皇本記)の故事「鹿をさして馬となす」というものがあるそうです。
それが「馬鹿」の謂れのひとつ。

秦の趙高が二世皇帝に、鹿を「馬です」と言って献じたそうです。
群臣は趙高の権力を恐れて「はい。馬ですね」と答えたんですが、
「鹿でしょ!」と答えたものは暗殺されてしまったようです。 恐!

このことより、自分の権勢をよいことに
矛盾したことを押し通す意味として「馬鹿」というようになったとか。

ま、それはさておいて。
物事を「それ」と決めつけてかかってしまうと、新しい発想や思考はうまれてきません。
「馬」と決めつけずに、それはもしかしたら「馬かもしれない」と思うようにしたいもんです。
posted by あみもと at 16:30| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。